一般部の課題紹介◆楷書

一般部の課題紹介◆楷書

一般部の課題紹介◆楷書

一般部の課題紹介◆楷書


一般部では、たくさんの課題が用意されています。

挑戦したい人はたとえ初心者でも、様々な書体を学ぶことができます。そして、毎月本部へ提出すれば審査をして頂くことができます。 そう、やる気次第なのです。

 

同じお月謝で一つだけ学ぶのもいいけれど、この際欲張って色んなものにチャレンジするのも良いと思います。せっかくだから先生をどんどんと活用(?)して。

 

たとえば年配の方などは楷書のピシッとした線が難しいことがあります。どうしても手が震えてしまったりして。

 

もちろん、訓練することで徐々に書けるようになって行きますけれど、そういう時、行書や草書を書いてみると楷書よりもずっと良いできばえになることがあります。

 

そのようなわけで、初心者だから楷書だけ、とか、まだ楷書が書けないから行書や草書なんてとてもとても…などとはいわないで色んなものにチャレンジしてみるとずっとずっと書道が楽しくなってきます。

 

一般部に所属していれば誰でも挑戦できる課題は次のようなものがあります。

 

◆半紙課題

楷書、行書、草書、隷書、篆書、仮名、調和体

◆条幅課題

漢字、調和体、創書

 

必須の課題は「規定」と言いまして、毎月、千字文(せんじもん)より4文字ずつ勉強します。課題の4文字を通常、「楷書」「行書」「草書」「隷書」「篆書」のいずれかで書いたものを本部に提出します。 必ずしも楷書で書かなくてもいいわけです。

 

そうは言っても基本ですので楷書も勉強するほうがいいでしょう。

 

2012年2号の楷書課題は下記の4文字です。

 

 

初心者だとちょっと難しいかもしれませんね…初心者でなくてもなかなかこれだけの要素を含む楷書をバランスよく入れるのは難しいですから!

 

 

これで全部ではありませんけれども、こんなに色んな要素が組み合わさってできていますね。 最初はこの一つ一つをじっくりと練習していきます。 そうすることで徐々に色々な文字が書けるようになって行きます。 どの字も組み合わせですから。

 

お教室に通って頂いた場合は、書くところを見せながら説明したり、手を持って一緒に書いてみたりして感覚をとらえながら、少しずつ練習していきます。

 

通信コースの場合には、一つ一つの要素について、細かに解説動画を用意します。それを参考にしてもらいながら練習するようになります。

 

書面だけでなく、使えるありとあらゆる(?)メディアを活用して、離れていてもできるだけわかりやすい指導をしていきたいと思います♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です