イメージを膨らませながら

イメージを膨らませながら

イメージを膨らませながら

イメージを膨らませながら


3年生の新しい課題は「私用」です。

「この字習った?」と聞いたら「習っていない!」と返事が返ってきたので調べてみたら「私」は6年生で習う漢字でした。

「”使用”なら知ってる」と子供達。 なるほど。そうか。意味が違うんだよー、と、新しい言葉を知ったところで書いてみました。

どちらかというと、「私」よりも「用」が難しいみたいです。

「左払いを練習してみようね」と練習。力の抜き具合というか、筆の持ち上げ具合、難しいね。

 

「わーこれ、足みたいになった!」というので見てみたら・・・・

2015-09-26 16.20.24

 

↑下の段左から2番目。まさしく足です!

笑いました^^

こうやってイメージを膨らませながら勉強すると記憶に残りやすいみたいです。だから、この線は○○に見えるね、とか、空間を均一に空けたいときには、お部屋を同じ広さにしようね、とか、そんな話をします。そうすると、「住むならこの広い部屋が良いな」とか、「先生も広い部屋に住みたいなー。でも、狭い部屋の人が気の毒だから同じ広さにしようか」とかそんな具合に会話が広がったりもします。

「ちょっとこれ、モグラが顔出したって感じじゃない?」

「これ、どう見てもへびの頭だよね(^^;;」

とか、私がそんな例え話を良くするので、子供達も何かに例えることが上手になったかも。

そして「そういうと思った~」と、私のイメージを予測されることも。

2015-09-26 16.20.28↑左払いの練習の成果はでているかな?長さの調節が難しくて短く終わっちゃっていますけれども。

初挑戦にしてはうまくいったかな。1ヶ月頑張って練習しましょう♪

 

No comments.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です